愛車だから最後まで大事に

ドライブが趣味だった私は独身のころから3台ほど愛車を乗り換えていました。
車を買うときそれはそれはこだわっていました。
足回りだのエンジン性能だのトルク配分だの・・・
ディーラーの担当者からは「女性でそこまでカタログを読んでいるのは珍しいですよ」と言われるくらい車が好きでした。
ところが5年ほど前に結婚することになり、主人も車を持っていたためどちらかの車を手放すことになりました。
手放したくなかったものの年式も性能も主人の車のほうがいい車だったため、私の車を手放すことに。
車の買い替えの時でさえ、それまで乗っていた車を手放すのが惜しくてなかなか次の車の購入が踏み切れなかった私が、無条件に車を手放すとなったらそれはそれは寂しいかった。


愛着ある車だけに、最後の最後まできれいにしてあげて「次のオーナーさんにかわいがってもらうんだよ」という思いで買い取り業者さんに出したところ「普段からきれいに乗っていらっしゃいますね。
エンジン回りの手入れもいきとどいています。
」と、通常の査定額よりプラスしてもらえました。
手放す車とは言っても最後まで大事にしてあげれば、高く買ってもらえるんですね。